不遇なる一凡才の手記

https://twitter.com/mukashi_otoko

東京都知事選挙

都知事選挙(2014)

前回2014年の都知事選は、田母神俊雄航空幕僚長の立候補によって、政治イデオロギーに関心を持つ層から非常に注目される選挙となった。

大政党からの推薦や公認のない田母神であったが、石原慎太郎元知事の応援もあり、マスメディアによる泡沫候補扱いから脱出。旧日本軍を彷彿させる選挙参謀を抱えながらも、約61万票を獲得したことは記憶に新しい。

f:id:mukashi_otoko:20160806193437p:plain 図1

f:id:mukashi_otoko:20160806193529p:plain 図2

図1は東京23区に於ける「大卒者の割合」と「田母神俊雄の得票率」の関係を、図2は「所得水準」と「田母神俊雄の得票率」の関係を示している。相関係数はそれぞれ「+0.60」と「+0.59」である。これらの数値から学歴や所得と田母神に投票した有権者との間には正の相関があると推測できる。ちなみに、得票率の高い特別区は上から「千代田区(18.00)」「中央区(16.45)」「港区(15.05)」であり、低い特別区は下から「足立区(11.75)」「葛飾区(12.04)」「北区(12.46)」であった。

都知事選には敗北したものの、想定外の票を獲得したことで勢いに乗る田母神は、同年11月の衆議院選挙に次世代の党から立候補。初戦では極めて得票率の低かった東京12区(北区・足立区)へ勇猛果敢に突撃し、これまた旧日本軍を彷彿させる玉砕精神を発揮したが、敢え無く敗北。現在、都内某所で生きて捕囚の辱めを受けている。

都知事選挙(2016)

今回2016年の都知事選に於いても注目すべき(でない)右派候補者が現れた。悪名高き在特会の前代表、「ヘイト豚」こと桜井誠である。橋下徹大阪市長(当時)との即興コントでは「選挙に興味がない」と公言していたが、「息を吐くように嘘を吐く」の言葉通り前言を翻して立候補。合法的にヘイト活動に勤しんだ。

f:id:mukashi_otoko:20160806193727p:plain 図3

図3は東京23区に於ける「田母神俊雄の得票率(2014)」と「桜井誠の得票率(2016)」の関係を示している。相関係数(+0.39)である。この数値のみでは判断できないが、投票者にある程度の重なりがあったと推察される。ところが、学歴と所得との関係をみると両者の違いが鮮明になる。

f:id:mukashi_otoko:20160806193840p:plain 図4

f:id:mukashi_otoko:20160806193918p:plain 図5

 

図4は東京23区に於ける「大卒者の割合」と「桜井誠の得票率」の関係を、図5は「所得水準」と「桜井誠の得票率」の関係を示している。相関係数は共に「-0.26」である。ヘイトスピーチに嫌悪を感じることなく桜井に投票した人々は、低学歴・低収入の典型的なネトウヨと思われがちだが、案外ゆるやかな負の相関が現れた。しかし、先に示した「田母神俊雄の得票率」の相関係数と比較すると、大きな隔たりがあることが分かる。それぞれが最右派の候補でありながら、その投票者の内部には大きな断層があるようだ。

・田母神票の行方

イデオロギーの観点から判断すると、今回の選挙で桜井に投票した有権者の大部分は、2014年の選挙では田母神に投票したと考えられる。しかし、票数の差からその逆は成り立たず、単純に計算すると、田母神に投票した有権者の中で桜井に投票しなかった有権者が区内だけでも約36万5千人いたことになる。これらの人々は大きく分けて二つのグループに分類できるであろう。一つはヘイト系ネトウヨを嫌悪する常識を弁えた「保守」であり、もう一つは消去法で田母神に投票した「中道」の人々である。彼らは今回の選挙ではどちらの候補を選好したのであろうか。

前者の保守層はイデオロギー的傾向から小池百合子に投票したことは想像に難くない。また後者の中道層も、合理的で理知的な人々と推定できるので、議会に操られそうな増田寛也ではなく、バッファープレイヤーとして小池に投票したのではなかろうか。従って、田母神票の大部分が今次の選挙に於いては彼女の地滑り的勝利に貢献したものと思われる。

ネトウヨの未来

最後に、ヘイト系ネトウヨの未来を予測してみよう。今回、桜井誠が獲得した票は都内全域で114,117であった。この票数を得票率に換算すると1.74%となるが、これはもちろん有効投票数を分母としたものである。仮に棄権を分母に含めてみると、その数値は1.03%になる。つまり、都民の約1%が桜井を支持したことになる。そして、この1%という数字が日本社会にまつわる、ある重要な事実を示唆している。

古来、日本人は海外の先進文明から多くのものを取り入れて来た。物心を問わず外から来たものを融通無碍に吸収する柔軟さが日本文明の特徴であると指摘されることもある。しかし、その一方で拒絶したものもまた少なくない。その代表例がキリスト教であろう。もちろん、日本社会に対するキリスト教の影響は皆無ではない。考えてみれば、キリスト教と全く無関係な日本人など殆ど存在しないのではないだろうか。結婚式やクリスマスのイベントなどで教会に一度くらいは足を踏み入れたことがあるだろうし、ミッション系の私学は列島の津々浦々に存在する。従って、多くの日本人が何らかのかたちでキリスト教に触れているはずだ。しかし、地道な布教活動にも関わらず信徒数は一向に伸びず、その数が100万人を超えたことがないと言われている。関係者はそれを「1%の壁」と呼び、その原因究明に頭を悩ませている。

世界宗教であるキリスト教とヘイト系ネトウヨを同列に論じることは不謹慎かもしれないが、宗教であれ政治であれ、明確な信条を持たぬことを信条とする我が国の文化に於いては、この「1%の壁」はネトウヨの未来をも暗示している。

もちろん将来予測される労働力不足から、移民が大量に流入する時代が到来すれば、状況は大きく変化するかもしれない。ヨーロッパで排外主義と喧伝される政党が躍進しているように、日本でも右派の政治勢力が台頭する可能性が高い。しかし、それは在特会のような貧弱な組織ではなく、一部のエスタブリッシュメントをも取り込んだ新たな政治勢力であろう。近代的に組織化され、世間一般からも受け入れられる、洗練されたグループが現れるに違いない。その時にはもはや「在特会桜井誠となかまたち」は完全に忘れ去られ、日本珍右翼史上の小さなエピソードとしてのみ語られるであろう。

広告を非表示にする