不遇なる一凡才の手記

https://twitter.com/mukashi_otoko

三条大橋 ⇒ 御所

f:id:mukashi_otoko:20160514182755j:plain 三条大橋

三条大橋東海道の下りの起点であり、上りの終点であります。

三条と云えばネトウヨの大先輩、高山先生ですね。

f:id:mukashi_otoko:20160514183557j:plain 高山彦九郎

先生が望拝する先にはもちろん皇居が‥‥

f:id:mukashi_otoko:20160514184102j:plain

あれ?なんや妙な建物が邪魔しとるぞ!

京都の景観条例は厳しいはずだが‥‥。

f:id:mukashi_otoko:20160514184442j:plain 京都ホテル

世が世ならば焼き討ちにされてますわ。

まあ、この辺りは長州藩邸跡地ですからね。呪われとるんどす。

少し周辺を探索しましょうか。

f:id:mukashi_otoko:20160514184821j:plain 佐久間象山大村益次郎遭難之碑

オデコが広すぎたので暗殺者に狙われ易かったそうです。

f:id:mukashi_otoko:20160514185752j:plain 高瀬舟

「京都ってええわ~」と思ったあなたは「暗黒腐敗都市」の正体を知らない幸せな人。

ここまで来たので、序でに御所まで参りましょう。

f:id:mukashi_otoko:20160514190647j:plain 横井小楠殉節地

一流が消えて二流が生き残る悲劇は先の大戦(応仁の乱ではない)でも繰り返されました。

f:id:mukashi_otoko:20160514191534j:plain 堺町御門

長州藩が警備を担当していたそうです。呪われとるな。

f:id:mukashi_otoko:20160514192040j:plain 建礼門

御所に到着。

では、一首詠んで〆ましょう。

「ももしきや 古きねとうよ しのぶにも なほあまりある 昔なりけり」

広告を非表示にする